呉下の阿蒙

全集とか日記とか、フロ、メシ、ついでの天声人語とか

はじめまして、そして「貼雑天声人語」もはじめました

7時起床。昨夜は地元友人たちとの新年会で、だいぶ盛り上がりました。それでも帰宅は午前様にはならなかったような。
ということで、今朝はやや〈遅い朝〉です。

このブログは、2019.1月現在慶応義塾大学通信教育課程法学部乙類*1に所属している、ソーシャルプランナのパーソナルな備忘録です。肩書きとブログの内容とはいっさい関係ないです。このブログでは、これまで慶應通信慶応義塾大学通信教育課程の略)の勉強記録として書いていましたが、別の場所に移したので、だんだんと整地してもう一度ここで新しいブログをはじめます。

ついでに、というか。
2018年大晦日から「貼雑(はりまぜ)天声人語」というのをはじめました。
写真の通り、朝日新聞一面の迷物もとい名物コラム「天声人語」と、わたしが気になった記事を(原則)ひとつ横に貼っていく、というシンプルなものです。

f:id:zocalo:20190113085555j:plain
2018.12.31の天声人語と、日経等他紙の社説もはりまぜ
なぜこんなことをはじめたかというと、大学の科目に「コミュニケーション論」というのがあるんですね、それって〈メディア関連〉の科目だと思うのですが、そのレポート課題*2に対応するために、はじめてみたものです。その課題に対応するために必須事項というわけではないです、為念。

というわけで、2018.12.31は、天声人語と日経の記事を貼雑してみました。日経は、慶應大学法学部の細谷雄一先生の記事。昨夏のことですが、夏期スクーリングで先生の授業を受けたかったなあ、ということを思い出しました。
blog.livedoor.jp

*1:政治学科のこと。

*2:慶應通信はレポートも作成提出して合格しないと単位をもらえないのです。